• ホーム
  • 性病・感染症は妊娠に影響が出る?

性病・感染症は妊娠に影響が出る?

薬を飲む男性

性病や性感染症は、妊娠や出産に大きな影響を与えます。
性感染症は性行為以外でも感染する事があり、最近は様々な感染経路から病気になる人が多くなっています。
流産を引き起こしたり、赤ちゃんに重篤な病気や後遺症をもたらしたりすることもある危険な病気です。
性感染症は自覚症状がない場合もありますが、もし妊娠中や妊娠前に何らかの異変があった場合には早期に検査し、治療を始める必要があります。

例えば、おりものが白いカスのような状態になっていたり、外陰部が異様に腫れていたり痒みが伴っている場合にはカンジダ膣炎を疑う必要があります。
これは、カビの一種が原因で起こるものです。

膣座薬や塗り薬を使用するなら、およそ1、2週間で完治します。
この病気にかかると出産の段階で赤ちゃんが感染する危険があります。
もし感染すると舌に白いカビが生える鵞口瘡と呼ばれる病気になる可能性があります。

クラミジア感染症も出産時に赤ちゃんに感染する可能性が非常に高い病気です。
この病気は結膜炎や肺炎を併発する可能性が高いといえます。

淋病も出産時に赤ちゃんに感染する可能性がありますが、感染すると結膜炎にかかる恐れがあります。
もしおりものが黄色になっていたり、排尿する時に何らかの痛みや違和感を感じたならば淋病になっている可能性がありますので、一度病院で診てもらうことが必要です。

梅毒は赤ちゃんにとって非常に危険な性病です。
もし感染した場合、流産を引き起こしたり、先天性梅毒児になったりする可能性があります。

性器ヘルペスは、新生児ヘルペス症候群を引き起こし死んでしまうこともあります。
他にも様々な性病や性感染症がありますが、赤ちゃんとって非常に危険なものですので、妊娠中はもとより妊娠前においてもかからないように気をつける必要があります。